【第二新卒必見】異業種からプログラマへの転職=高確率で失敗する原因

【第二新卒必見】異業種からプログラマへの転職=高確率で失敗する原因

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

異業種からプログラマへ転職を検討している方、第二新卒枠で未経験からプログラマへ就職したいという方の中には、「異業種からプログラマへの転職ってやっぱり大変?」、「経験がない状態でプログラマは目指すべきではない?」といったように、知識も経験もない状態からの転職に対して、うまく行くのか不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

仮に、期待を寄せてプログラマに転職したものの、仕事に向いていない・ついていけないというのであれば、早期退職→キャリアを汚す事となってしまいます。

ましてや、前職を3年未満で辞めた・辞めようとしている第二新卒の方の場合、尚更今回の転職に失敗してしまうと、キャリアを好転させる事が難しくなってしまいます。

しかしながら、知識も経験もない状態からプログラマに転身をする=高確率で失敗するのがオチです。

確かに、IT業界自体、第二新卒枠で募集をかけている企業が多かったり、転職してのキャリアアップを図る方が多かったりと、過去の職歴をあまり重要視しない傾向にあるため、”就職をする”事は容易です。

ただ、就職した後に後悔する可能性が高いのです。

そこで今記事では、

◆異業種からプログラマへの転職=失敗しやすい理由

◆異業種からプログラマへの転職に最適な転職術

 

上記に関して、経験談も交えながら書いていきます。

スポンサードサーチ

■異業種からプログラマへの転職=失敗しやすい理由

入社直後から激務になりやすい

異業種からプログラマへの転職=失敗しやすい理由として、全く知識も経験もない状態からプログラマになった場合、『業務をこなしながら研修をしていく』事になりますので、入社後から激務になりやすい点があります。

というのも、新卒を対象とした求人とは違い、第二新卒・既卒枠で募集をかけている企業=すぐにでも業務をこなせる人材を欲しているためです。

そのため、研修によって基礎的な知識を教わる→すぐさま先輩プログラマの補助や雑務などを実践→次の研修で新たな事を学ぶ→実践といった流れで、忙しい日々となりやすいのです。

異業種からの転職の場合、プログラミング技術を学ぶ前に、プログラミングをするうえで必要不可欠な思考法である、論理的思考(ロジカルシンキング)をまず学びます。

※論理的思考(ロジカルシンキング)…筋道を立てて、結論を出す力の事。

そのうえで、その企業で使用するプログラミング言語について、コードの書き方、開発しているシステムに関する事、実際にコードを書いてシステムを開発する等々、覚える事が山ほどあります。

その勉強量の多さから、「プログラマになるんじゃなかった…」と感じる方も多いのです。

ミスマッチを起こす可能性が高い

プログラマと一括りに言っても、その中にはゲームを開発するゲームプログラマであったり、Webを一から構築するWebデザイナー・マークアップエンジニア、組み込み系プログラマ、オープンプログラマ、アプリケーションプログラマ等々、多種多様です。

そして、開発するものによって、使用する言語が異なってきます。

また、ゲームプログラマを例に出して言いますが、ゲームプログラマの中には、バグがあるのかどうかを確認するデバック係、ゲームのシステム構築を行う係、メニュー画面やゲーム内の画面遷移を担当する係といったように、プログラマという一言では表せないくらい、業務内容が細分化されているのです。

そのため、ぼんやりとプログラマになりたいと思って転職活動を行うと、入社した後に「思っていた業務内容と違った…」、「自分の思い描いていたプログラマの仕事とかけ離れていた」というミスマッチを起こす可能性が高いのです。

スポンサードサーチ

■異業種からプログラマへの転職に最適な転職術

無料プログラミングスクールがベストな理由

同業種への転職であっても、不慣れな環境から来るストレス、前職との働き方の違いなどによって、転職がうまくいかない事がありますが、異業種からプログラマへの転職の場合、それ以外にも上記の点が降りかかってくるので、同業種への転職よりも倍苦労すると言えます。

とはいえ、異業種からプログラマへの転職の全てが失敗するとは限りません。私自身、フリーター→プログラマに転身をした身ですが、未経験からの転職であっても、早期退職せずにプログラマとしてのキャリアを形成する事が出来ました。

そのため、転職の方法次第で、異業種からの転職であっても、成功に導く事が可能なのです。

その方法というのが、無料のプログラミングスクールです。

私自身、未経験からプログラマになった時に利用したのですが、無料プログラミングスクールに通学をする事で、就職前に1人でアプリ・サイトを開発する力を習得出来るとともに、レッスンによって、プログラミングが自分に向いているのかを見極める事が可能です。

そのため、先ほど挙げた失敗の原因になる2つの点を、就職前に解決する事が出来るのです。

◆就職前にプログラミング技術の習得ができる

◆プログラミングが自分に合っているのかを見極める事が出来る

◆現役のプログラマに逐一質問・相談が出来る

◆独学よりもプログラミング技術の習得が容易

◆就職支援もセットとなっているので、転職活動にも効果的

 

上記のような利点が、プログラミングスクールにはあります。

ですので、異業種からプログラマへ転職を考えている方の中で、「今回の転職は絶対に失敗したくない!」という方の場合、いきなり転職活動を始めるのではなく、まずはプログラミングスクールを利用して、知識と技術力を身につけてから転職をするのがベストと言えます。

異業種からの転職に最適なスクール

中でも、『GEEK JOB(ギークジョブ )』は、異業種からの転職を考えている方にとって、最適なスクールです。

【3つの理由】ギークジョブ=異業種⇒エンジニア職への転職に最適!

プログラミングスクールの中でも、転職成功者の割合がダントツで多く、転職までに掛かる日数も平均1〜2ヶ月とスムーズです。

そのうえ、現役のプログラマから直々に技術を教わる事が出来ますので、論理的思考(ロジカルシンキング)、それぞれのプログラミング言語の特徴といった基礎知識はもちろん、実際にサイト・アプリを構築するまでの手順を実践形式で学べるうえ、「仕事で多用するため、覚えておくと便利なコード」、「アプリ・サイト構築で気を付けるべき点」などといった、経験に基づいた為になるアドバイスもくれます。

そのため、たとえプログラマとしての実務経験がなかったとしても、入社後すぐに「君を採用して良かった」、「本当に未経験⁉︎」といったように、プログラマとして評価されやすいと言えます。

下記公式サイトにて、スクールで学べる事の詳細と無料体験の申込が可能です。

GEEK JOB

スポンサードサーチ

■まとめ

異業種転職の場合、それだけで失敗する確率が上がります。

右も左も分からない状態でいきなり乗り込むのは博打と変わりありません。

また、第二新卒や既卒で異業種転職を狙うのであれば、”すでに”自分の経歴に汚点がある事を理解しなければなりません。

そのため、確実に成功できる方法を実践して、今回の転職はするべきなのです。

そして、ギークジョブ の場合、上記で書いた通り、就職前にプログラミング技術の習得が可能なので、就職した後に仕事についていけない、研修と業務の連続でしんどい…という事を回避する事が可能です。

そのうえ、無料体験の段階で、プログラミングに触れる事が出来ますので、プログラマへの転身に興味があるという方であれば、まずは無料体験を受講してみるべきです。

やはり、インターネットで調べた内容や自分のイメージだけでは、実情と乖離する部分が出てきてしまいます。

百聞は一見に如かずという言葉がある通り、実際に体験した方が、自分に適しているのか、自分のイメージしている仕事が出来るのかをダイレクトに把握する事が出来ますので、無料体験を受けておいて損はないと思います。

下記公式サイトにて、学習内容の詳細および、無料説明会/体験会について確認可能です。

★GEEK JOB (ギークジョブ)の公式サイト↓

GEEK JOB無料体験について

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-【第二新卒必見】異業種からプログラマへの転職=高確率で失敗する原因
-, , , , , , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.