【第二新卒必見】異業種からプログラマへの転職=高確率で失敗する原因

【ちょっと待って】異業種からいきなりプログラマへ転職するのは危険!確実に成功出来る転職方法があります【20代限定】

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

異業種からプログラマーへの転職を考えている20代の方の中には、「仕事についていけるか不安」、「すんなりプログラミングを習得できるのかが気がかり」といったように、”仕事をやっていけるのかどうか”不安に感じている方も多いかと思います。

仮に、想像以上にプログラミングが出来ないとなれば、転職は失敗に終わります。

短期で離職をしたという経歴とともに、新たな就職先を探さなければなりません。そうはなりたくないはずです。

ただ、結論から言いますと、異業種からいきなりプログラマーへ転職をするのはお勧め出来ません。

プログラミングに至る前のフローチャートでつまづく可能性が高いからです。

そのため、異業種からプログラマへ転職を考えている場合、いきなり転職をするのではなく、プログラミングスクールを経由して、IT業界に乗り込むのが得策です。そちらの方が、確実に転職が成功します。

今記事では、

◆異業種転職者=プログラミングスクールを利用するべき理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

異業種転職者=プログラミングスクールを利用するべき理由

入社直後の”激務”を回避できる

全くの未経験からプログラマーになった場合、覚える事がたくさんあります。

そして、転職となると、どの企業であっても中途採用で入る事となります。

中途採用=がっつり研修でプログラミングを学ぶというよりかは、「実務をこなして覚えさせる」という手法を取る企業ばかり(抜けた社員の穴埋め的な採用のため)となるので、入社直後から激務になる可能性が高いのです。

それは、第二新卒枠であっても、既卒枠であっても変わりありません。

確かに、未経験からの入社となるので、先輩社員からのフォローはあります。

とはいえ、全ての時間をフォローしてくれる訳ではありませんし、プログラミング=触れてみないと覚えないものですので、最初から1人で業務をこなす時間は多いです。

そのため、右も左も分からないまま業務をこなして、定時以降も勉強をしなくてはいけないという地獄の日々になりかねないのです。

ただ、プログラミングスクールを経由する事で、業務に必要なレベルのプログラミング技術を習得した状態で入社が出来ます。

これによって、覚える事は大幅に減ります。なおかつ、すんなり業務もこなせるので、定時中に仕事が終わらないという事もまず無くなります。

特に、入社後に勉強をしなくていいというのは大きいはずです。

入社したてで、会社の雰囲気に慣れるのがやっとの時期に勉強をしなくてはいけないのは、心身ともにきついと思います。

ただ、それが無くなるのは大きなメリットだと思います。

入社前にプログラミングを体験出来る

プログラミングスクールを利用する事で、実際にプログラマーとして働く前に、プログラミングに触れる事が出来ます。

ここで、自分に合っているものなのか、自分にも出来るものなのかを把握する事が可能です。

仮に、入社した後に「自分に向いていない…」、「内容が難しすぎる」と思っても後の祭りです。

冒頭でも書いたように、すぐに辞めて、また転職活動を余儀なくされます。

とはいえ、前職をすぐに辞めた経験は、面接で心象は悪いです。”20代の第二新卒者”であっても、すんなりとは転職先が決まらないと思います。

そうしたミスマッチを防ぐのにも、プログラミングスクールは役立つのです。

就職支援がセットになっている

無料のプログラミングスクールの場合、プログラミング技術を学べる事に加えて、就職支援もセットで受けられます。

そのため、異業種からプログラマーへの転職を考えている方にとっては、一石二鳥なのです。

例えば、「GEEK JOB」は、未経験からプログラマへの転職に特化したスクールとなっており、転職支援も充実しています。

志望動機や自己PRの作成/添削、面接対策はもちろん、スクールで制作したアプリ・サイトを自己アピールとして、面接で披露する事も可能です。

どれくらいスキルを習得しているのかは、成果物を見せるのが一番理解して貰えるので、スクールで制作したものを見せる事が出来るのは、面接突破に大きな効果をもたらします。

また、就職先に関しても、ブラック企業を排除しての求人紹介を徹底しています。

【体験談】ギークジョブならブラック企業への就職を回避出来ます!そう言える3つの理由!

【体験談】ギークジョブならブラック企業への就職を回避出来ます!そう言える3つの理由!

実際に担当者が社内を訪問→労基法違反な働き方をしていない事を確認したうえで、求人を紹介してくれるので、20代・未経験および、第二新卒からの転職にありがちな、ITブラック企業への入社を回避出来ます。

このように、プログラミング技術を習得した状態で入社出来るだけでなく、労働環境の良い(長続きしやすい)職場も紹介して貰えるのです。

◆GEEK JOBの詳細はこちら↓

未経験からプログラマーへの転職率95.1%

スポンサードサーチ

■まとめ

異業種転職者=プログラミングスクールを利用するべき理由を書いていきました。

確かに、プログラミングスクールを利用するとなると、すぐには転職出来ません。技術習得に数ヶ月を要します。

ギークジョブの場合、”最低でも60日間ほどの時間のオンライン学習”は、必要になります。

このように、転職まで時間が必要なのはデメリットと言えます。

ただ、その分、転職後が”楽”になります。

少なくとも、仕事についていけない…という悩みを抱える事は無くなるはずです。

必要なスキルを身に付けたうえで入社が出来るうえ、ブラック企業を回避しての転職活動が容易であるため、個人的には、いきなり異業種から未経験でIT業界に飛び込むよりかは良い選択だと思います。

特に、「仕事についていけるか不安」、「すんなりプログラミングを習得できるのかが気がかり」といった方であれば、尚更プログラミングスクールで、入社前にプログラミングに触れてみるのが吉です。

そして、ギークジョブの場合、無料カウンセリングにて、プログラミング体験をする事が可能です。

そこで体験してみたうえで、スクールを利用するかしないかを考える事が出来るので、まずは実際に体験してみるところから、転職活動を始めてみるのが良いかと思います。

◆GEEK JOBの無料カウンセリングについてはこちら↓

ギークジョブの無料カウンセリングについて

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-【第二新卒必見】異業種からプログラマへの転職=高確率で失敗する原因
-, , , , , , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.