有料プログラミングスクール=ぼったくりだと言える2つの理由

有料プログラミングスクール=ぼったくりだと言える2つの理由

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

プログラマへの就職を考えているフリーター・第二新卒の方であれば、そのまま就活を始めるのではなく、プログラミングスクールへ通学をしてから、就活を始めようか迷っているという方も多いかと思います。

仕事で必要な技術を事前に習得する事が出来るため、就業後に躓く事が無い事に加えて、プログラミングスクールを卒業したという事で、企業側から「すぐに仕事の出来る人材」として見られるため、すぐに就活を始めるよりも、容易に内定を獲得する事が出来ます。そのため、プログラマを目指す方であれば、利点の多い就活法とも言えます。

しかしながら、プログラミングスクールを選ぶに辺り、「やっぱり有料スクールの方が授業内容も良いの?」、「無料スクールの場合、物足りなさを感じのでは?」といったように、『有料のプログラミングスクールに通うべきなのか、無料プログラミングスクールで事足りるのか』という点が、気になる方もいるのではないでしょうか。

ただ、実際に無料プログラミングスクールを利用して就職をした身としては、有料プログラミングスクール=ぼったくりだと言えますし、就職のために技術を学びたいのであれば、無料スクールに通学をする方が効果的だと言えます。

スポンサードサーチ

■有料プログラミングスクール=ぼったくりである理由

費用対効果が悪い

有料プログラミングスクールの相場は、一般的に10万~30万円前後です。しかしながら、プログラマとして働くのであれば、無料プログラミングスクールで学ぶ内容だけでも、全然事足ります。私自身、有料スクールへの通学をした事がないので、学習内容がより専門的なのかどうかは分かりません。

ですが、無料プログラミングスクールの全課程を修了する時には、他の方の手を借りずとも、Webサイトの構築・アプリケーション開発が出来る技術を身につける事が出来ましたし、就職した後も、スクールで学んだ内容をそのまま活かせているので、就職のために技術を習得したいという方であれば、わざわざ”費用対効果”の悪い有料スクールに通う必要性はないと言えます。

就活は個人で行わなければならない

無料プログラミングスクールが、無料で受講出来る理由は、就職支援が1セットになっているためです。企業側に人材を紹介した時の、手数料でスクールを運営しているので、受講生が支払う費用がないのです。要するに、就職支援事業で収益を計上しているのです。

そのため、受講料を支払う事なく、技術の習得が出来る事に加えて、スクール卒業と同時にすぐさま就職支援に移行出来るので、プログラマへの就職を検討している方であれば、効率的に就職先を探す事が可能なのです。

しかしながら、有料スクールの場合、就職支援が付随していないため、受講料からしか収益を上げる事が出来ません。そのため、割高な受講料を支払わなければならない事に加えて、スクールでの全課程が修了⇒個人で就活を始めなければならないため、何かと手間が生じます。

また、個人で就活するとなると、受講していたプログラミングスクールの”ブランド力”を活かす事が出来ないので、就活が難航する可能性が高まってしまいます。※スクールに付随した就職支援を利用する=過去にそのスクールから人材紹介を受けた企業が求人を出している事が多いため、「○○からの紹介なら、太鼓判を押せる」といったように、スクールのブランド力を活かす事が出来て、内定が取りやすいのです。

有料・無料スクールのそれぞれのメリット・デメリット

有料・無料スクールのそれぞれのメリット・デメリットおよび違いは、下記になります。

◆有料プログラミングスクール

・メリット

年齢制限がない※30代以降の方でも通学可能

就職の強制がなく、フリーランスとしてすぐに働く事も出来る

・デメリット

入学の際に10万~30万円の費用が必要

 

◆無料プログラミングスクール

・メリット

無料で仕事に鵜必要な技術が習得できる

就職サポートも行っている所が多く、企業紹介、面接対策といったサポートを受けられる

– PC初心者が多く参加をするので、学びやすい

・デメリット

紹介企業のいずれかへの就職が必須となる

– 20代までといった年齢制限がある

 

有料/無料のプログラミングスクールのメリット/デメリットをまとめましたが、年齢制限がなく30代以降でも通学する事が出来る点、カリキュラム終了後に就職orフリーランスとして働くか選べる点を除いて、有料プログラミングスクールの優位性はないため、ぼったくり(※料金に対して優位性が乏しい)だと言えます。

そのため、プログラマへの就職を検討中のフリーター・第二新卒の方であれば、無料プログラミングスクールへの通学をするのが良いかと思います。

スポンサードサーチ

■最適な無料プログラミングスクールは○○!

PCビギナーの多い無料スクール

上記の事から、就職を大前提に考えている方であれば、無料プログラミングスクールを利用するのが得策です。

そして、「PCの利用は動画を視聴する時しか使わない」、「学校の課題をやる時くらいしかパソコンを使った事がない」、「インターネット以外の使い方は分からない」といったようなPCビギナーの方であれば、GEEK JOB(ギークジョブ)という無料プログラミングスクールは、躓く事なく学習を進める事が出来るかと思います。



というのも、受講生の中でPCに詳しい方、プログラミング経験者の方は、18しかおらず、過半数以上の方が、前述したようなPCビギナーの方、これまで一度もプログラミングに関して勉強した事が無いという方となっているためです。ですので、基礎の基礎から教材が用意されている&知識が無くてもバカにされる事のないスクールとなっています。

また、就職支援に関しても、自分の提示した内容に沿っての企業選び&内定が出るまで、求人紹介、面接対策といった就活サポートをしてくれますので、スクールに参加=就職実現といっても過言ではありません。かくいう私も就職の際に利用したのが、ギークジョブでした。

別記事にも書きましたが、全く知識がなかった状態から、Webアプリケーションの開発・仕様テストを自分のみで消化出来る技術を養う事が出来ましたし、私の要望にマッチした求人のみしか紹介されなかったおかげで、無事に良いなと思える職場に就職を果たす事が出来ました。※面接を受けた6社中、2社を除いて内定を貰う事が出来ました。

※実際に紹介された求人内容はこちらに書いています↓

【感想】GEEK JOB=ブラック企業が回避可能な4つの訳【ギークジョブ】

受講前にプログラミング体験可

また、ギークジョブの場合、無料説明会&1日体験会が実施されているため、「無料プログラミングスクールで本当に大丈夫?」、「プログラミングのレベルを知りたい」といったように、スクールへの通学および、プログラマへの就職に関して、疑問点があるという方であれば、実際に1日体験会にて、プログラミングに触れてみたうえで、無料プログラミングスクールに通うのか、有料プログラミングスクールにするべきかを検討してみるのが良いかと思います。

※無料説明会&1日体験に参加したからといって、すぐさま受講手続きに移行する事もないですし、営業連絡が何度も来るといった事もないので、気軽に参加可能です。(1日体験は途中帰宅可能です。)

★GEEK JOBの公式サイト↓

GEEK JOB

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-有料プログラミングスクール=ぼったくりだと言える2つの理由
-, , , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.