【必見】未経験からプログラマへの就活=圧迫面接に合いやすい?回避するには〇〇がベスト! 未分類

【必見】未経験からプログラマへの就活=圧迫面接に合いやすい?回避するには〇〇がベスト!

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

未経験からプログラマへの就職を考えている方の中には、「未経験からの就活となると面接突破は厳しい?」、「圧迫面接をされるのでは…」といったように、面接に関する不安を感じている方もいるかと思います。

それもそのはず、未経験=企業側からしてみれば、何のアピールポイントもない人材です。

ましてや既卒枠での就活となると、未経験からの応募=価値なしと判断されます。

というのも、既卒枠=退職した社員をの穴を埋める目的で求人を出しているので、即戦力クラスが求められます。

つまり、未経験者の応募は、企業側のニーズに合わないのです。

そんな、企業側からの評価が著しく低い未経験からの応募の場合、「圧迫面接を受けるのでは…」と不安になる気持ちも分かります。

そこで今記事では、

◆未経験からプログラマへの就活=圧迫面接はあるのか

◆未経験からプログラマへの最適な就活方法

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

未経験からプログラマへの就活について

圧迫面接を受ける事はある?

結論から言いますと、既卒枠での就活の場合、圧迫面接を受ける可能性は誰しもにあります。

実際にネット上においても、圧迫面接に直面した方の体験談が見受けられます。

それもそのはず、未経験→プログラマーを目指す場合、企業側の採用優先度がもっとも低い立場です。

能力のある人材あるいは、フレッシュな新卒を取りたいという思惑が企業側にはあり、エントリーしてくる応募者にもそれを期待します。

そんな中、面接に来た人材が何の武器もない未経験・フリーターとなれば、期待外れと感じてしまうのは当然です。

それゆえに、圧迫面接に取られるような口調、受け答えを面接官はしてしまうのです。

圧迫面接を回避する方法

圧迫面接=誰しもが遭遇する可能性があるとはいえ、出来れば圧迫面接は受けたくないのが本音だと思います。

そのため、「圧迫面接を事前に回避出来る方法はないの…」と感じている方も多いはずです。

・企業研究の徹底

※現社員・元社員が口コミを書き込むサイトなども確認する

・書類選考なし/即面接の企業は避ける

 

上記2つの方法は、圧迫面接回避に効果を発揮します。

例えば、転職会議やカイシャの評判といったサイトは、現社員や元社員の口コミが見れるサイトです。

そうしたサイトは、求人票や企業HPでは分からないリアルな社内風景を垣間見る事が可能です。

そして、圧迫面接をするような企業=総じてブラックといっても過言ではありません。

つまり、そうしたサイトで悪い評判が多い企業=回避すべき対象なのです。

また、書類選考なし・即面接の企業は、圧迫面接をしてくる傾向にあります。

一見すると、「書類選考がないなんてラッキー!」と思うかも知れませんが、書類選考でふるいに掛けない分、面接の内容が厳しくなるのです。

そのため、書類選考なしの企業は、極力避けるのが吉です。

スポンサードサーチ

最適な就活方法

無料プログラミングスクール=3つのメリット

また、無料プログラミングスクールを利用する事で、わざわざ入念な企業研究を行ったり、求人を精査しなくとも、圧迫面接を回避する事が可能です。

・過去の面接者のフィードバックを保有している

・今後もスクールから人を採用したいという企業がメイン

・ブラック企業を排除した求人紹介の徹底

 

このように、圧迫面接を回避出来る環境にあるのです。

無料プログラミングスクールが紹介する企業=過去にそのスクールから人を採用した事がある企業がメインです。

そのため、これまでの面接者のフィードバックを保有しており、「企業ごとの面接の雰囲気・質問内容・筆記テストの内容」を把握しています。

また、スクールに求人を出している企業は、今後もそのスクールから人を採用したいと思っている企業ばかりです。

もしも圧迫面接をしようものなら、応募者からスクールに告発→圧迫面接の事実が発覚…。今後の取引が見送られる事になりかねないのです。

企業側からしてみれば、それは避けたい結末です。なので、圧迫面接をして来ないのです。

そのうえ、1からプログラミングの技術を学べるため、たとえ未経験であっても、企業側が求める即戦力クラスの能力がある事をアピール出来ます。

これは内定獲得率アップに直結してきます。

つまり、圧迫面接を回避出来るとともに、必要な技術力が身に付く一石二鳥な就活方法なのです。

利用する価値のあるスクール※実体験あり

無料プログラミングスクールの中でも、『GEEK JOB(ギークジョブ)』は、未経験からプログラマへの就職に関して、1,000件以上の就職実績があり、利用満足度も3冠を受賞しています。



利用満足度が高い=ギークジョブを用いた就活で、悪い出来事が起こらなかった人の数が多いという事ですので、圧迫面接回避は容易と言えます。

◆1,000件以上の就職実績

◆受講者の7割がPC初心者

◆離職率が高い、直近で短期離職者を出した職場を排除した求人紹介

◆スクール修了時には、1人でアプリ開発が出来る技術力が備わる

 

実際に私も、未経験→プログラマを目指す際に、ギークジョブを活用しました。

ただ、紹介してもらった6社の企業の中で、恫喝まがいの事をされたり、強い口調で責めてくる企業は一切ありませんでした。

GEEK JOB=ブラック企業への就職回避が容易と言える3つの理由【ギークジョブ】

GEEK JOB=ブラック企業への就職回避が容易と言える3つの理由【ギークジョブ】

そのうえ、過去の面接者の体験談から、どういった質問をしてくるのか、どういった筆記試験の内容なのかを把握していた事もあり、すんなり内定が取れました。

例えば、私が受けた筆記試験には、刑事コロンボという海外ドラマで用いられたトリックが出題されたのですが、そういった具体的な出題内容まで、事前に教えてくれます。

多分、教わってなかったら「なんだこれ…」と躓いていたと思います…笑。

そのため、圧迫面接を回避出来るだけでなく、面接突破にも一役買ってくれるのです。

フリーターからIT業界を考えている方であれば、一度相談をしてみる価値のあるスクールだと思います!。

◆GEEK JOBのサポートの詳細はこちら↓

GEEK JOB

スポンサードサーチ

■まとめ

圧迫面接に直面した場合、その時に最悪な気持ちになるだけでなく、その後の就活にも悪影響を及ぼします。

酷い内容を言われて自信喪失に繋がる恐れがありますし、その後受ける企業からも圧迫面接を受けるのでは…と面接へのモチベーションすらも削がれかねません。

そのため、絶対に圧迫面接を回避出来る方法を試すべきなのです。

上述の通り、無料プログラミングスクールを通じての就活であれば、圧迫面接とは無縁の就活をする事が可能です。

スクールと企業の関係性、そして、”即戦力で働ける技術力を持った人材”として面接に臨めるので、企業側も期待外れと感じないのです。

むしろ、採用に前のめりな状態ですので、内定が取りやすいのです。

ギークジョブの場合、無料相談および無料のプログラミング体験を実施しています。

ですので、実際にスクールに通う前に、「プログラミング=自分に向いているのか」を把握する事が可能です。

実際に触れてみない事には、自分に向いているかは分かりません。

自分に合っていない仕事に就職した場合、その時点で就職は失敗ですので、未経験からプログラマを目指しているのであれば、まずは無料相談を受けてみるのが吉です。

★締め切り間近★GEEK JOB(ギークジョブ)の無料相談について↓

GEEK JOB

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-【必見】未経験からプログラマへの就活=圧迫面接に合いやすい?回避するには〇〇がベスト!, 未分類
-, , , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.