【調査】IT業界へ就活=圧迫面接を受けやすい?【フリーター就活】

【調査】IT業界へ就活=圧迫面接を受けやすい?【フリーター就活】

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

プログラマ・エンジニアといったIT業界への就職を狙っているフリーター・ニートといった方であれば、「経歴に対して何て説明すればいいのか分からない」、「フリーターという経歴を馬鹿にされるか不安」といったように、就活(※特に面接)に対しての不安・恐怖心を感じている方も多いかと思います。そして、いわゆる「圧迫面接」に直面するのではないかと戦々恐々としているのではないでしょうか。

今記事では、「IT業界=圧迫面接を受けやすいのか」、「圧迫面接を回避する就活法」に関して、実体験を交えて説明していきます。

スポンサードサーチ

■フリーター面接における圧迫面接

圧迫面接を受ける事はある?

パワハラ・モラハラといった言葉が、ワイドショーやSNSを賑わせている昨今、圧迫面接自体は、減少傾向にあります。しかしながら、IT業界=能力重視で採用する企業が大半を占めているため、知識も能力も0であるフリーターが、面接に来た場合、企業側に「時間の無駄」と判断される可能性が高く、結果的に、圧迫面接のような詰め方をされる事は、いまだにあります。

そして、厄介なのが、「書類選考なし」、「即面接」と謳っている企業ほど、面接官の目が厳しく、圧迫面接の被害に遭いやすいのです。そのため、「自分の経歴でも即面接して貰える!」という気持ちで、面接に行くと、痛い目に合う可能性が高く、その後の就活の意欲すらも削がれることになってしまうのです。

圧迫面接の口コミ

・「学歴も三流、経歴も三流。よく面接を受けようと思ったね」と嫌味ったらしく言われて、悔しかった(26/男性)

 

・質問に対して、誠心誠意答えたにも関わらず、全く聞く耳も持たれないどころか、面白みがないと言われた。こっちは、人生かけてきているのに(28/男性)

 

・セクハラまがいの事を言われて、吐き気がした。面接の場でも、容姿の事を言われるとは思わなかった。(24/女性)

 

・経歴、学歴、志望動機、受け答え、身だしなみ、全てに対して否定的な言葉しか投げかけられなかった。面接をするのが、時間の無駄だと言うのであれば、人を馬鹿にしている時間も無駄なのではないでしょうか。本当にムカつきました。(27/男性)

 

圧迫面接をされた方の声を一部抜粋しましたが、上記のように、圧迫面接の被害に遭ったフリーター・ニートの方は多く、これから就職を検討しているフリーター・ニートの方も、圧迫面接をしてくる企業にぶつかる可能性は大いにあるのです。

スポンサードサーチ

■圧迫面接を回避する就活法

就活サポートを行っているサービスの利用

上記のように、フリーター・ニートといったような、社会的地位が低い場合、どの業種の企業を志望しようとも、圧迫面接を受ける可能性はあるのです。ただ、それはあくまで、個人での就活の限っての話です。就活サポートを行っているサービスを利用する事で、圧迫面接とは無縁の就活を展開する事が可能です。

そして、就活サポートを行っているサービスとは、何なのかと言いますと、「就職支援の利用」と、「無料プログラミング・エンジニアスクールへの受講」です。この2つのいずれかに相談をする事で、怖い思いをする事無く、就職までたどり着けます。

ただ、無料プログラミングスクールの場合、高確率で就職支援のサポートも付随されているため、技術の習得&就職を一気に実現可能です。

◆就職支援&無料プログラミングスクールが圧迫面接を回避できる理由◆

・過去に、その就職支援と人材紹介のやり取りをした事があるため、紹介人材に対して好印象を持っている

・求職者がフリーターやニートといった経歴である事を分かったうえで、求人を出している

・仕事で活用できる能力を備えて就活が出来る

・労働条件、待遇等が不当だと判断した場合、求人を紹介しない

 

上記の理由から、圧迫面接を回避を回避する事が出来ます。

企業側の「この人は本当に仕事が出来るのか?」という不安感が、圧迫面接を生み出す要因となりますので、仕事の出来るという事を証明出来さえすれば、圧迫面接は容易に回避出来るのです。

スクールであれば、スキルを習得しているという証明は容易ですし、就職支援であっても、「○○が紹介してくれる人材なら」と、ブランド力を味方につける事が出来るので、採用に値する人材だと証明する事が容易なのです。

就職に最適なプログラミングスクール

中でも、GEEK JOB(ギークジョブ)の場合、プログラミングスクールで制作をしたアプリケーション、サイトを、面接の時に紹介する事が出来るため、「即戦力として就業可能」という事を、企業側に認識して貰いやすいです。

そのため、フリーター・ニートであっても、圧迫面接を受ける事なく、就職までたどり着けます。

かくいう私も、既卒フリーターの時にギークジョブ経由で就職をしましたが、6社の企業を受けた中で、恫喝まがいの事を言われたり、嫌みを言われる事は一切ありませんでした。どの企業も、ギークジョブと面識のある企業(過去に採用歴がある、ギークジョブの評判を聞いている等)だったので、非常に面接がやりやすかったです。

ですので、フリーターからIT業界を考えている方であれば、一度相談をしてみる価値のあるスクールだと言えます。

下記公式サイトにて、スクールで学べる事、無料説明会&1日体験会への参加申し込みが可能です。

★締め切り間近★GEEK JOB(ギークジョブ)の無料相談会&1日体験会について↓
GEEK JOB

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-【調査】IT業界へ就活=圧迫面接を受けやすい?【フリーター就活】
-, , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.