プログラマ志望=運転免許なしだと就活に不利?免許不要求人は多い?

プログラマ志望=運転免許なしだと就活に不利?免許不要求人は多い?

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

プログラマとしての就職を検討している方の中には、運転免許を持っていないという方もいるかと思います。

そして、「運転免許なし=就活に不利になる事はある?」、「免許なしでも就職可能?」といったように、『運転免許なし=プログラマへの就職が不利になる?』という疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

基本的に、就活=運転免許を持っていないとなると不利になります。

確かに、昔ほど免許取得率は高くないとはいえ、面接官は、「誰でも取得しているものを持っていないなんて何故」と考えます。

それもそのはず、面接官=自動車=ステータスと考えられていた世代の方が担当するためです。

また、求人票を見ても、「要普通自動車免許」、「※AT可」といったように、免許に関する記述があるものが多いです。

この事からも分かる通り、運転免許を持っていない=就活では不利なのです。

そのため、IT業界志望の場合も、免許なしだと不利になるのでは…と不安に感じているかと思います。

ただ、結論から言いますと、IT業界=運転免許を取得していなくとも、就活が不利になる事はありません。

私自身、IT業界に就職をする際には、免許を持っていなかったですが、内定を貰えました。

そこで今記事では、

◆免許なし=不利にならない訳

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

免許なしが不利にならない訳

仕事に差し支えないため重要と考えられていない

先ほど書いた通り、私自身免許を持っていない状態で就活→プログラマとして働き始めました。

ただ、面接の際に、「免許がないんだ。まあ業務内容的に問題はないよ」と言われた通り、実際に働いてみると、殆ど運転を要する場面がなく、その言葉が本当でした。

◆客先出向の際

※免許を持っていなかったので電車とバスで移動していました。

 

プログラマ=デスクワークが中心となるため、上記場面でしか、仕事で車に乗る場面はありませんでした。

そのうえ、無ければ電車やバスで向かえば良かったので、免許はないからと言って、特に嫌な顔をされる事もなかったです。

これが例えば、営業職や不動産業界だった場合、外回りや客先訪問、賃貸の内見などで必ず車を出さなくてはなりません。

ですので、免許なし=その時点で内定獲得が出来ません。

ただ、プログラマの場合、上記の通り、免許がなくとも仕事に差し支える事はないので、免許なしにも寛容なのです。

そのため、免許がなくとも、さほど不利にはならないのです。

免許不要の求人が多い

上述のように、プログラマ=デスクワークが中心で運転を必要とする場面がほとんどありません。

自社内で開発を担当するのであれば、年に3回もないほどです。

そういった事から、他の業界以上に免許不要の求人が多いのです。

それは第二新卒・既卒枠での就職でも変わりない傾向です。

そして、仕事に必要ない=採用の基準に含まれていないという事ですので、免許を持っていないからといって、面接官からの印象が悪くなる事はありません。

私自身、先ほど書いた通り「業務内容的に問題はないよ」と言われましたし、「社内にも免許を持っていない人はいるから大丈夫」とも言われました。

恐らくIT業界全体が免許=無くても良いという志向にあると言えます。

未経験者を対象としたスクールを活用出来る

また、プログラマを志望している方を対象とした無料プログラミングスクールを利用する事で、さらに就活を有利に進める事が可能です。

というのも、無料プログラミングスクールには、就職支援がついているためです。

そしてこの方法は、全くプログラミング経験がない方、文系なのでプログラミングが出来るのか不安、といったように、プログラマへの就職に関して、何かしらの不安を抱いている方であれば、実践してみるべき方法と言えます。

◆就職前にプログラミング体験が出来る

◆0から学べて、最終的には1人でアプリ開発・サイト構築が出来るスキルが身に付く

◆志望動機、自己PRの作成補助、面接対策、求人紹介を受けられる

◆通常の就活よりも内定が取りやすい

 

上記のようなメリットがあるためです。

中でも、『GEEK JOB(ギークジョブ )』は、他のプログラミングスクール以上に未経験者の受講者が多く、カリキュラムも未経験者に向けた授業をしてくれます。

ですので、プログラミング思考の基礎であるフローチャートから、開発言語を用いたアプリ・サイト制作までを教わる事が出来るのです。

※私自身ここを利用して未経験から就職成功に至りました。実際に学んだ内容は下記記事に書いています↓

【体験談】GEEK JOBの学習内容&利用して感じたメリット・デメリット【ギークジョブ】

そのうえ、就職支援に関しても、自分の希望条件に合わせて企業紹介を行ってくれます。

例えば、担当アドバイザーの方に、免許がないのが不安だと伝えれば、免許不要の求人の中から希望に合った求人を厳選してくれるのです。

なおかつ、ギークジョブが紹介する企業=既にギークジョブから人材を採用した経験がある企業が多いので、「ギークジョブからの紹介なら期待できる」、「面接を受けさせる価値がある」といったように、企業側からの印象が良い状態で面接を受ける事が出来る利点もあります。

そのため、内定が獲得しやすいのはもちろん、免許なしという”デメリット”を突っつかれる事もありません。

事実、私自身2社に1社のペースで内定を獲得する事が出来ました。

そのため、プログラマ志望の未経験者は、利用してみる価値があると言えます。

下記サイトでは、利用者の口コミ、就職までの流れを確認できます。

実際に目を通してみて、就活のプラスとなると感じるのであれば、思い立ったが吉日、無料カウンセリングに参加をしてみるのが良いと思います。

◆GEEK JOB(ギークジョブ)の公式サイト↓

GEEK JOB

スポンサードサーチ

■まとめ

プログラマ・エンジニア志望の就活=免許なしが不利にならない理由を書いていきました。

実際にプログラマとして仕事をし始めると分かりますが、運転免許を持っていない方が多いです。

東京近郊であれば、尚更その色が強いです。

ですので、「免許なしだと就活がうまくいかないのでは」と不安になる必要はありません。

そのうえ、ギークジョブ であれば、無料カウンセリングにて、免許を持っていないという旨を伝える事で、免許不要求人のいくつかを紹介して貰えますし、最適なキャリアプランを提案してくれます。

そのため、1人で不安になっているよりも、確実に先々の景色が明確になるはずです。

未経験→プログラマへの就活に対して何かしらの不安があるのであれば、相談してみてから、どうするかを判断するのが良いと思います。

◆GEEK JOBの無料カウンセリングについて↓

GEEK JOB無料カウンセリングについて

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-プログラマ志望=運転免許なしだと就活に不利?免許不要求人は多い?
-, , , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.