ギークジョブ=ジョブホッパー※複数回離職歴ありに最適な3つの訳!

ギークジョブ=ジョブホッパー※複数回離職歴ありに最適な3つの訳!

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

“入社したものの思っていた仕事内容と違った”

”仕事内容が自分に向いていなかった”

“人間関係や社内環境が悪く、早期離職を余儀なくされた”

 

上記のように、意気揚々と就職をしたものの、思っていた労働環境・業務内容とは異なっていた結果、20代のうちに2回以上職を転々としているジョブホッパーの方もいるのではないでしょうか。

自分が思い描いた理想郷があると信じるのは非常に良い事だと思います。ただ、20代の内に複数回離職歴があるとなると、企業側の「採用しても良いのか?」という疑念を払拭しない限り、内定が取れないので、就活が長期化する恐れが極めて高いです。

そのため、自分に合う職場を見つけたいと感じているのであれば、ただ単に転職活動を繰り返すのではなく、

・技術・資格を習得してから就職先を見つける

・就職支援に相談をして、質の良い企業を紹介して貰う

上記2つの就活方法を実践した方が、スムーズな内定獲得が実現しやすいです。

そして、プログラマ・エンジニアへの挑戦を考えている方であれば、GEEK JOB(ギークジョブ)の評判をネット上で目にした事があるかと思います。受講生の72%PC初心者&プログラミング経験0であるにも関わらず、最終的には技術の習得&就職を果たしている無料のプログラミング・エンジニアスクールです。※口コミ評判はこちら↓

【口コミ10選】GEEK JOB(ギークジョブ)の評判は悪い?

前述したように、そのまま就活をしていても、負け続きで自信喪失に繋がるだけですので、ギークジョブのように企業側から欲しいと思われるような技術を習得してから、就活を進めるのは得策ですし、ギークジョブ=複数回以上の離職歴のあるジョブホッパーの方であれば、最適なスクールだと言えます。

スポンサードサーチ

■ギークジョブ=ジョブホッパーに最適だと言える3つの理由

仕事が出来る状態で就職出来る

ギークジョブを利用する事で、1人でアプリ制作&サイト構築が出来る力を身につける事が出来ます。そのため、仕事が出来る状態で、就職を果たす事が出来るのです。

ジョブホッパーに陥る原因は、待遇・労働環境への不満以外に、「仕事に向いているか/向いていないか」という点があります。ただ、仕事で活かせる技術・資格を習得した状態で就職をする事で、就業して間もない状態であっても、難なく仕事をこなす事が出来るので、「プログラマ=自分に向いている仕事」だと認識しやすいのです。

学生時代を思い出してみれば分かりやすいかと思いますが、好きな教科ほどテストで高得点を取っていたと思います。それと同じで、人は出来るものに対して、楽しい・自分に向いているといったポジティブな感情を抱くため、仕事が出来る状態で就職出来るのは、早期の離職を回避するには、打ってつけな方法なのです。

業界の説明や企業説明に多くの時間を割いてくれる

「自分に向いている・向いていない仕事か」という点の他にも、「待遇・労働環境への不満」、「思っていた業務内容と違っていた」といった事が、ジョブホッパーの原因だと言えます。

しかしながら、ギークジョブの場合、過半数以上の受講生が、全くIT業界とは無縁(プログラミングをするのは初めて、パソコンも普段使わない等)な経歴となっている事もあり、業界全体の説明、紹介企業の説明に非常に多くの時間を割いてくれます。

※私自身、ギークジョブを利用して就職をしましたが、求人票に載っていない内容も丁寧に説明してくれました。

例えば、「IT業界の業種の中でも、どの業種が一番未経験者に向いているのか」、「○○社はアプリ開発が主な業務内容となっているが、具体的にどのような内容のアプリを開発しているのか」といったように、ミスマッチを起こさないように、丁寧に説明してくれますし、質問に対しても真摯に対応してくれます。そのため、就業後のミスマッチを起こして、さらに離職歴を増やすという結果になりづらいのです。

IT業界=経歴が不利になりにくい

IT業界全体の共通意識として、「実力主義」、「向上心」2つが挙げられます。

そのため、たとえ就職してから3年経っていない場合であっても、より良い給与の企業へ転職、もっと専門的なシステム開発がしたいといった思いから、すぐに行動を起こす方が後を絶ちません。ですので、プログラミング・エンジニアとしての実力さえあれば、経歴に関しては特に気にしないといった企業が多いのです。

その結果、20代で2回以上の離職歴があるとしても、他の業界よりも、その経歴に関してとやかく言われる事も無ければ、不利になる事もないのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

◇仕事が出来る状態で就職出来る

◇業界の説明や企業説明に多くの時間を割いてくれる

IT業界=経歴が不利になりにくい

 

上記の理由から、ギークジョブ=ジョブホッパーに最適だと言えます。

そして、これまでと同じように、内定が出たというだけの理由で就職、企業研究をそこまでせずに就職をした場合、前職と同じ結末となるだけですので、同じ二の足を踏まないように、就活の手法を変えるべきだと言えます。

ギークジョブであれば、無料でこの先も需要が増すと言われるプログラミング・エンジニアとしての技術習得が図れる&就職のサポートを受けられるため、20代で2回以上職を転々としている、”もう失敗の許されない”ジョブホッパーの方であれば、利用する価値はあるかと思います。

下記公式サイトにて、無料説明会&1日体験への申し込みが可能です。

実際に1日体験で、プログラミングに触れてみて、自分でも出来るのかを確かめる事が可能(※1日体験だけで受講を断る事は可能ですし、途中帰宅も可能です。)なので、まずは1日体験&無料説明会に参加をしてみるのが良いかと思います。※募集枠残り僅か

★残り2名で募集締め切り★GEEK JOB(ギークジョブ)の無料説明会&無料体験の申し込みに関して↓

GEEK JOB

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-ギークジョブ=ジョブホッパー※複数回離職歴ありに最適な3つの訳!
-, , , , , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.