【必見】ギークジョブの定着率が高い3つの訳。離職率が低いは本当?

【必見】ギークジョブの定着率が高い3つの訳。離職率が低いは本当?

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

未経験からプログラマへの就職を考えている第二新卒・フリーター(ニート)の方の中には、無料で実践的なプログラミングスキルを学ぶ事の出来るGEEK JOB(ギークジョブ)の利用を考えているという方もいるのではないでしょうか。



しかしながら、「IT業界って大変って聞くし大丈夫かな」、「いわゆる社畜的な働かせられ方をするのでは」といったように、たとえスキルが身についた状態で就職出来たとしても、厳しい労働環境下で仕事をさせられるのではないかと不安に感じている方もいるはずです。

ましてや、新卒の就活以上に、就職先の企業のレベルが落ちるフリーター・第二新卒者ともなれば、「”まとも”な企業に就職出来るのか」という点は、不安要素だと言えます。

ただ、実際にフリーターの時に、ギークジョブを利用して就職を経験しましたが、90パーセント以上の定着率+累計500人以上の方が「転職成功した!」と口コミをしているという評判は、嘘ではなかったと感じました。要するに、厳しい労働環境下で仕事をさせられるのではないかと不安に感じている方であれば、相談する価値のあるプログラミングスクールだと言えます。

GEEK JOB(ギークジョブ)の口コミ評判は下記記事にまとめてあります↓

【口コミ10選】GEEK JOB(ギークジョブ)の評判は悪い?

 

スポンサードサーチ

■定着率が高いと言える3つの理由

就業後のミスマッチが起きづらい就活サポート

ギークジョブの定着率が高いと言える理由としては、就業後のミスマッチが起きづらい就活サポートをしている点が挙げられます。

別記事にも書きましたが、

「就職相談の時に伝えた内容にマッチした求人しか紹介をしない」、

「担当者が紹介企業の社内見学を敢行⇒労基法に抵触していない事が確認できた場合にのみ求人紹介する」

この上記2点が、徹底されているのです。

※私自身が、実際に紹介された求人内容&労働環境・待遇に問題のある企業を除外している理由に関してはこちらに書いています↓

【感想】GEEK JOB=ブラック企業が回避可能な4つの訳【ギークジョブ】

 

そのため、自分の理想としていた労働環境・待遇の企業に絞って就活が展開出来るとともに、長期的に働くのが難しいような激務な企業を徹底除外して就職先を選ぶ事が出来るのです。

事実、私が紹介して貰った6つの企業に関して、現役社員・元社員の口コミ評が閲覧できる「カイシャの評判」、「転職会議」を覗いてみましたが、紹介された全ての企業が、5段階評価中★3以上の企業であり、悪評自体少なかったです。

また、”利用開始から○ヵ月以内に就職をしなくてはいけない”といったタイムリミットも無いため、自分が就職したいと思える企業に出会えるまで、求人を紹介し続けてくれますし、企業研究に多くの時間を費やす事が可能なのです。

ですので、ギークジョブ=定着率が高いと言えます。

リピーター企業が多い

2つ目の理由としては、就職先にリピーター企業が多いという点が挙げられます。

ギークジョブの就職先には、過去にギークジョブ経由で人を採用した経験のある企業が多いのです。私が紹介して貰った就職先にも、ギークジョブ経由で就職をした方がいました。

そして、ギークジョブ経由で就職をした先輩社員の方が、職場の雰囲気・業務内容に慣れるまで、相談に乗ってくれたり、仕事をサポートしてくれたりしてくれたおかげで、私自身、仕事がしやすい環境下でプログラマとしてのキャリアを始める事が出来ました。

ギークジョブ経由での就職事情を知っている(※習得した技術は何か、どこまで出来るのかといった能力面等)、社員がいるのといないのとでは、大きな違いがあると思いますので、リピーター企業が多いというのは、定着率にも反映されていると言えます。

私が参加をした時の定着率の高さ

3つ目の理由としては、私が参加をした時の定着率の高さが挙げられます。というのも、一緒にギークジョブを受講していた11名中2名以外の方は、ギークジョブから紹介して貰った企業に3年以上就職をしているのです。そして、この事実が、ギークジョブの定着率の高さを物語っているかと思います。

業界未経験からの就職が続かない要因の一つに、「知識が備わっておらず、業務を消化するのに時間がかかる⇒結果的に残業地獄に陥る」という事があげられますが、ギークジョブの場合、就職支援の前に行われるプログラミングスクールで学んだ言語やコードが、そのまま仕事で使える(※システム開発に実際に学んだ言語を使用している)企業をメインに紹介してくれるため、就職後に業務でもたつく事なく仕事が出来るのです。それが、定着率の高さに表れていると言えます。

人間は、出来る事には楽しさを覚え、出来ない事に直面した時に、いら立ちや不安といった感情に駆られます。そのため、ギークジョブの授業と同じ事をすれば、仕事が進められる企業に就職をする=比例して、離職率が低くなるのだと思います。

スポンサードサーチ

■まとめ

◇就業後のミスマッチが起きづらい就活サポート

◇リピーター企業が多い

◇一緒に受講していた11名中2名以外の方は、3年以上紹介企業で仕事をしている

 

上記の理由から、ギークジョブ=定着率の高いプログラミングスクール&就職支援だと言えます。IT業界=遅くまで残業してパソコンに向かうイメージ」、「プログラマ=離職率が高いイメージ」といったように、悪い印象を持っている方もいるかも知れませんが、全ての企業がそういった企業とは限りません。

また、未経験者向けのスクールと謳っているギークジョブの場合、他のスクールや就職支援以上に、これからプログラマとして歩み始める方でも、右肩上がりのキャリアを形成出来るような職場を紹介するよう徹底しています。

そのため、プログラマ・エンジニアとしての就職を考えているものの、就職先に不安を感じている方、離職率の高い職場・激務な職場は回避したいという方であれば、ギークジョブは、相談してみる価値のあるスクールだと言えます。

今なら、無料説明会&無料体験にて、実際に簡易的なプログラミング課題を消化してから、本受講を決める事が出来ますので、プログラミング・エンジニアとしての仕事に興味のある方であれば、まずは、 無料説明会&無料体験に申し込んでみるのが良いかと思います。

※無料説明会&無料体験は、募集定員数に達し次第終了です。間もなく終了。

★残り僅か!★GEEK JOB(ギークジョブ)の無料説明会&無料体験の申し込みに関して↓
GEEK JOB

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-【必見】ギークジョブの定着率が高い3つの訳。離職率が低いは本当?
-, , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.