ギークジョブの適性診断=受ける価値があると言える理由

ギークジョブの適性診断=受ける価値があると言える理由

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

これからプログラマを目指すという方の中には、無料プログラミングスクールの「GEEK JOB」の利用を考えている方もいるのではないでしょうか。

受講生の97パーセントがプログラミング未経験者である事からも分かる通り、他のスクール以上に、未経験者への学習に長けたプログラミングスクールと言えます。

そして、1人でアプリ開発・サイト構築が出来る力が身につくのみならず、就職のサポートもしてくれるので、これからプログラマへの就職を考えている方であれば、一石二鳥なスクールなのです。

とはいえ中には、「ギークジョブの適性診断=事前に受けておくべき?」、「適性診断の結果=信憑性の高いものなの?」といったように、適性診断に関して疑問に感じている方もいるかと思います。

占いサイトと同じで、診断の結果が良い加減(※自分の性格とは全く違う診断内容が表示された、別の選択肢を選んでも同じ結果が出たなど)であれば、そのプログラミングスクール自体、「本当に大丈夫なの」と懐疑的に感じるはずです。

また、そんな良い加減な診断をするところに、就職のお世話をして貰うのは不安だと思います。

ただ、結論から言いますと、ギークジョブの適性診断は受ける価値があります。

何より、無料でプログラマが自分の天職なのかを把握する事が出来るので、「プログラマ=実際向いているのか不安」、「自分にも出来るのか不安」といった方であれば、尚更受ける価値があると言えます。

そこで今記事では、

◆ギークジョブの適性診断=受ける価値があると言える理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

■ギークジョブの適性診断=受ける価値があると言える理由

3つの事が分かる

ギークジョブの適性診断では、下記3つの事が分かります。

1. プログラマー適性

あなたの特性をもとに、プログラマーとしての適性を診断します。

自分はプログラマーに向いているのかを判断する参考になります。

 

2. 転職後の想定年収

未経験からプログラマーに転職した300名以上のデータをもとに、あなたの5年後までの想定年収を算出できます。

 

3. プログラミング適性

プログラミング学習者1,500名以上のデータをもとに、あなたにプログラミング適性があるかを診断できます。

引用;ギークジョブ 適性診断   GEEK JOB

設問とテストに回答する事で、自分がプログラマに向いているのか、そして、将来どれくらい稼げるのかが算出されます。

そのため、「プログラマ=自分に合った仕事なのか不安」という方は、実際に診断を受けてみて、就活の方向を決めてみるのが吉です。

他社以上に信憑性の高い診断結果

上述の通り、適性診断を受ける事で、プログラマに向いているのか向いていないのかを把握する事が出来ます。

とはいえ、冒頭でも書いたように、診断結果に信憑性が無ければ、受ける価値はありません。

ただ、ギークジョブに関しては、他社のプログラミングスクールが実施している適職診断以上に、信憑性の高いデータだと言えます。

◆1,500名以上の方のデータを参考に作成している

◆現役プログラマが現場目線で作成している

◆600名以上の方を就職成功に導いている経験から作成している

◆ギークジョブ=受講満足度&就職成功率ともに97%

 

上記のように、ギークジョブ は、未経験→プログラマとしての就職を成功に導いている実績のあるプログラミングスクールとなっています。

そして、その成功体験を元に、適性診断の設問とテストを作成しています。なおかつ、作成者は、現役のプログラマです。

そのため、設問&テスト=実際に開発現場で必要な思考法を使うものとなっているので、これで良い結果が出れば、プログラマ働き出しても、つまづく事なく業務に取り掛かれるといっても過言ではないのです。

※ギークジョブの口コミ評判は下記記事にまとめています。合わせて参考にして見てください。

【口コミ10選】GEEK JOB(ギークジョブ)の評判は悪い?

適性診断+プログラミング体験がセットで受講可能

また、ギークジョブの場合、適性診断に加えてプログラミングの無料体験も受けられます。

ですので、適性診断というデータ上のみならず、実際に触れてみた感覚的な部分でも、自分に向いている仕事なのか向いていない仕事なのかを把握する事が出来ます。

やはり、いくらデータ上で向いていると言われても、実際に触れてみない事には不安は拭い去れないはずです。

また、診断結果を鵜呑みにして受講してみた結果、授業に全くついていけないという事も無きにしも非ずです。

そのため、本受講の前に、実際にプログラミングに触れる事が出来るのは、非常に良い事なのです。

下記公式サイトにて、適性診断&プログラミング体験の無料申込が可能です。

※注意:ネット上で適性診断を受ける場合、プログラミング体験は受けられません。下記公式サイトの”無料カウンセリング”からの申込のみ、適性診断とプログラミング体験を受ける事が出来ます。

◆GEEK JOBの無料カウンセリングについて↓

ギークジョブの無料カウンセリングについて

スポンサードサーチ

■まとめ

プログラマになろう!と思ったところで、その後に頭によぎるのは「本当に自分でも出来るのか」という点だと思います。

また、就職を検討する場合、将来性はあるのかという点も、疑問に感じるはずです。

そういった不安を払拭するためにも、ギークジョブの適職診断は受ける価値があると言えるものなのです。

先ほども書いた通り、ギークジョブの場合、適職診断に加えてプログラミングも実際に体験する事が出来ます。

そのため、今よりも確実にプログラマとして働くという事への具体的なイメージを持つ事が可能です。

かくいう私も、断を受けてみて、「自分に合っている仕事なのかもしれない」と前向きに考えられるようになったので、受けてみて良かったです。

結果として、2ヶ月かからずに技術習得(rubyによる開発)と就職を成功させる事が出来たので、診断結果で出たAランクという結果は、あながち間違っていなかったなと思います。

「プログラマ=実際向いているのか不安」、「自分にも出来るのか不安」といった方であれば、まずは受けてみてから、プログラマへの道を志すのかを決めてみるのが得策と言えます。

◆GEEK JOBの公式サイト↓

GEEK JOB

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-ギークジョブの適性診断=受ける価値があると言える理由
-, , , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.