【3つの理由】ギークジョブ=異業種⇒エンジニア職への転職に最適!

【3つの理由】ギークジョブ=異業種⇒エンジニア職への転職に最適!

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

異業種からプログラマ・エンジニア職への転職を検討しているという方の中には、『プログラミングスクールで技術を習得してからの転職』を検討している方もいるかと思います。

事前に技術を習得する事によって、就活が有利となったり、就職した後にスムーズに業務に取り掛かれる、入社後の研修の内容を縮小出来るといったように、多くのメリットを享受可能です。

また、異業種へのキャリアチェンジ=就業後のミスマッチによる失敗が起こりやすい転職方法となります。

仮に、就職が失敗ともなれば、経歴に傷をつけただけの転職となってしまい、その後のキャリア形成にも悪影響をもたらします。

そのため、就職前に、プログラミングを体験出来る&技術習得が可能なプログラミングスクールは、プログラマへの異業種転職をするのであれば、『利用はマスト』と言っても過言ではありません。

特に、「全く関係のない業界の経験しかないので、内定を勝ち取れるか不安」、「仕事のレベルについていけるのか不安」といった方は、利用しておくべきだと言えます。

中でも、『GEEK JOB(ギークジョブ)』は、プログラマ・エンジニアへの異業種転職を試みるのであれば、最適なスクールです。



そこで、今記事では

◆ギークジョブ =異業種転職に最適な理由

◆他のスクールにはない強み

 

上記について、実体験を交えつつ書いていきます。

スポンサードサーチ

■ギークジョブ =異業種転職に最適な3つの理由

未経験者向けのスクール

ギークジョブの受講生の中で、過去にプログラミングをした事がある、エンジニア関連の仕事をしていたという方は、全体の30%しかいません。

受講生のほとんどが、動画サイトの閲覧、調べもの、ワードエクセルを使う時にしかPCを触った事がないという方です。

そのため、授業と転職支援の両方が、未経験者からプログラマ・エンジニアへの就職を考えた方を対象としたサポートとなっています。

当然、プログラミングをするうえで大事とされる、論理的思考やフローチャートといった初歩的な所から、教えてもらう事が出来ますし、分からない箇所が出てきた場合も、分かりやすく説明してくれます。

※私が参加をした時の学習内容&スクールの雰囲気に関してはこちらに書いています↓

【体験談】ギークジョブの学習内容&スクールの雰囲気まとめ!

転職支援においても、「異業種からIT業界を志望した理由」、「前職の退職理由」といった必ず聞かれるであろう質問に対する回答をレクチャーして貰えますし、自己PR文・志望動機の作成/添削も行ってくれます。

ですので、異業種転職で不利になるポイントを一つ一つ潰してくれるため、スムーズな転職に最適なのです。

転職支援のサポートが手厚い

上述した通り、自己PR文、志望動機の作成・添削、面接対策といったサポートを、ギークジョブ では無料で受ける事が出来ます。そのうえ、紹介される求人に関しても、自分の希望に応じて求人厳選をしてくれます。

例えば、「残業少なめで、土日休みが良い」と専任のエージェントに伝えれば、それに合った求人を紹介してくれますし、「スマホゲームのアプリ開発がしたい」と伝えれば、ゲームプログラマの求人に絞って就活をする事が出来ます。

それに加えて、専任のエージェントが、紹介求人の企業に事前訪問を実施→仕事内容・労働環境を確認している事もあり、紹介求人の業種・仕事内容・労働環境に関して、事細かく説明してくれますし、求人票に記載されている情報に嘘偽りがない企業に絞って転職活動が可能なのです。

◆ 自己PR文、志望動機の作成・添削

◆紹介企業に推薦状の送付

◆面接対策

◆適性チェック・各業種の説明

◆希望に応じた求人厳選

◆面接の日程調整

◆転職活動に関する相談

 

上記のような転職サポートを受けられますし、転職先の候補に労働環境や待遇に”問題あり”だという企業がないため、

右も左も分からない異業種転職をするうえで、ギークジョブは効果的なのです。

※かくいう私も、1ヶ月ほどで内定を獲得する事が出来ました。

作ったものを面接で”お披露目”出来る

また、ギークジョブ の場合、スクールのカリキュラムの最後に、自分の力でシステム・アプリ・サイトの開発を行います。そして、そこで開発したものを面接で、人事担当の方に見せる事が出来るのです。

自分で開発したシステム・サイト・アプリを見せる事で、「この人は実務経験はないけど、プログラマとしての能力はある」、「即戦力として採用する価値がある」といったように、企業側から高評価を得やすくなるので、通常の異業種転職よりも、確実に内定が勝ち取れます。

やはり、異業種転職において、鬼門となるのは面接です。「プログラマ(エンジニア)として仕事をこなせる能力があるのか」、「採用コストをかけてまで採用する価値はないのでは?」といった企業側の懐疑的な目を払拭できない事には、いくら面接を受けても内定は取れません。

ですので、人事担当に能力があるという事を伝えやすい、”開発物を見せる”という方法は、異業種転職をするうえで、非常に良い方法なのです。

スポンサードサーチ

■他のスクールにはない強み

転職成功実現に近づく2つの強み

上述した通り、ギークジョブ を利用する事で、異業種転職であっても成功しやすくなります。

確かに、他のプログラミングスクールを利用しても、通常の転職よりかは、転職活動が円滑に進むとは思います。

ただ、ギークジョブ の場合、転職成功実現に近づく2つの強みがあります。

◆高い転職実績

◆未経験OKの求人が多い

 

上記2つの強みがあります。

公式サイトを見てもらえれば分かりますが、転職成功率は90%を超えています。

そして、未経験OKの求人数も、500社を超えています。この数は、他のプログラミングスクールと比べても、高い水準にあります。

当然、異業種転職=たとえスクールで技術を学んだとはいえ、未経験者となりますので、未経験者OKの求人への募集がメインとなります。

そうなってきた時に、未経験OKの求人数が少ないとなれば、就職先の選択肢が狭まってしまい、最悪の場合、「自分の希望を満たした企業がない…」、「妥協して転職…」という事になってしまいます。

そのため、未経験OKの求人が多いところを利用する=それだけ自分の納得のいく職場に転職しやすいのです。

そして、転職成功率が高いという事は、当然ながら、それだけ転職がうまくいったという方が多いのです。

ただでさえ失敗しやすい転職方法である異業種転職なのですから、転職成功率の高いところを利用するに越した事はありません。

ですので、転職成功率が高く、募集できる求人数が多いギークジョブは、他のプログラミングスクール以上に相談する価値のあるスクールなのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

他の業界に異業種から飛び込む時とは違い、プログラマ・エンジニアの場合、幸いにも就職前にプログラミングを体験出来る・技術習得が出来る”場所”があります。

それによって、異業種転職が招く失敗(就業後のミスマッチ、仕事についていけずに挫折など)を回避する事が可能です。

なおかつ、無料で転職のサポートまでしてくれるので、異業種からプログラマ・エンジニアを目指すのであれば、ギークジョブ のような無料プログラミングスクールは、利用しておくべきなのです。

そして、ギークジョブの場合、無料説明会&1日体験会を実施しており、 スクールを受講する前に、簡単なプログラミングに挑戦&簡単なネットワーク構築を体験する事が出来ます。

そのため、「プログラマ・エンジニア職にゼロから挑戦するのは難しい?」、「20代後半からのキャリアチェンジって厳しい?」といったように、プログラマ・エンジニア職に参入をするのに不安があるという方や、どういった事をするのか体験してみたいという方であれば、まずは、ギークジョブの無料説明会&1日体験に参加をしてみるのが吉です。

下記公式サイトにて、無料説明会&1日体験の詳細&申し込みが可能です。

実際にスクールで学べる事、無料体験の内容を見てから、申し込むか決めるのが良いかと思います。

※間もなく募集終了

★残り2名で受付締め切り★GEEK JOB(ギークジョブ)の無料説明会&無料体験の申し込みに関して↓

GEEK JOB

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-【3つの理由】ギークジョブ=異業種⇒エンジニア職への転職に最適!
-, , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.