GEEK JOB=ニート→就職に有利と言える3つの理由

GEEK JOB=ニート→就職に有利と言える3つの理由

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

現在休職中、前職を退職して絶賛ニート中だという方の中には、「さすがにそろそろ就職しないと」と感じている方もいるかと思います。

そして、就職のために、無料プログラミングスクールの『GEEK JOB』の利用を考えている方もいるのではないでしょうか。

ギークジョブの場合、就職した後に使えるプログラミング技術を習得出来るとともに、就職のサポートもして貰えるので、これから正社員を目指す方にとっては、一石二鳥なスクールです。

とはいえ気になるのが、「ニートでも就職出来るのか」、「プログラミング技術を習得できるのか不安」といった点だと思います。

確かに、ニート期間=丸々空白期間として捉えられるので、通常の就活であれば、内定獲得が難航します。

プログラミングに関しても、これまでに触れてみた事のない分野だからこそ、不安に感じる気持ちも分かります。

ただ、結論から言いますと、ギークジョブ=他のスクール以上に休職中・ニート→就職に有利なスクールです。

技術習得に関しても同じ事が言えます。

つまり、ニートからプログラマへの就職を考えている方であれば、利用する価値があるのです。

そこで今記事では、

◆ニートからプログラマへの就職を考えている方に最適と言える理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

ニートからプログラマへの就職に最適な理由

短期間での技術習得が可能

ご存知の方もいるかも知れませんが、ギークジョブ=受講生の90%以上が、プログラミング未経験・異業種転職組となります。

そして、この数は他のスクール以上の数となります。つまり、ギークジョブ=未経験者を教えるのに長けたスクールなのです。

◆動画教材が豊富。YouTubeを見る感覚で反復的に学べる。

◆現役のプログラマから教えて貰える&随時相談可能。

◆オンライン学習なので好きな時間に学習可能。

 

上記のように、未経験者でも短期間で技術習得出来る環境が整っているのです。

かくいう私も、ギークジョブを利用して技術習得をした身ですが、2ヶ月かからずに技術習得と就活を終わらせる事が出来ました。

ですので、どんなに遅くとも3ヶ月もあれば、就職までたどり着くかと思います。

実際に利用して感じたメリットデメリットは下記記事に書いています。

【体験談】GEEK JOBの学習内容&利用して感じたメリット・デメリット【ギークジョブ】

就職に強い

冒頭でも書いた通り、ギークジョブ=就職支援のサポートも受けられます。

◆自己PR・志望動機の作成/添削

◆面接対策

※「なぜニートをしていたのか・休職中なのか」、「プログラマに興味を持った経緯」など、必ず聞かれる質問に対する模範解答も教えてもらえます。

◆希望条件に応じた企業紹介

 

上記のサポートを受けられます。

これだけでも、1人で就活をするより楽に内定獲得が可能なのですが、上記の事以外にも、ギークジョブを就活に利用するメリットはあります。

それが、「紹介企業=ギークジョブから採用歴のある企業が多い」という点です。

過去に採用歴がある企業は、ギークジョブから紹介された人材に満足しているために、改めてギークジョブに求人を掲載しています。

ですので、ギークジョブからの紹介人材に対して、「即戦力クラス」、「すぐに業務をこなせる良い人材」といったように好印象を抱いています。

そしてこの評価は、ニートだったというマイナスイメージを払拭するほどのものです。

事実、私自身、フリーターからギークジョブを通じて就活をしましたが、「ギークジョブの先輩も活躍しているから期待できる」、「技術がある事は把握しているから経歴は気にならない」といった優しい言葉を投げてくれました。

やはり、実力主義の色が濃いプログラマ業界においては、経歴よりも技術が正義となります。

それに、IT業界自体、転職してのキャリアアップが多いため、経歴に執着しない風潮なのです。

そのうえ、ギークジョブの人材は、実践的な技術力を持っていると企業側も把握しているため、内定獲得がしやすいのです。

ブラック企業を徹底排除

ギークジョブ=就職に強いと言える理由を先ほど書きましたが、中には「経歴が悪いしブラック企業しか紹介されないのでは」といった不安を感じている方もいるかと思います。

とはいえ、ギークジョブに関しては、求人紹介を行う前に、担当者が職場を訪問→労働環境に問題がない事を確認したうえで求人を紹介します。

ですので、たとえニートからの就職であっても、ブラック企業へ就職をする事はないのです。

こうした就職支援を行うプログラミングスクールは、他にも多く存在します。

そして、どこを利用して就活をするか決める基準として、やはり就職の成功率があるかと思います。

そのため、”就職させた数”の実績欲しさに、劣悪な環境の職場を紹介したところで、求職者側からの信用を失ってしまうだけなのです。

また、ギークジョブに関しては、紹介した人材が一定期間就業した場合に、企業側から支払われる紹介料金によってスクールを運営していますので、求職者から選ばれなくなった時点で、スクールの運営も頓挫します。

そのため、他のスクール以上に、優良企業を紹介するよう徹底しているのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

1人で就活を始めたとしても、適職診断、求人サイトへの登録、求人検索、履歴書の作成、求人応募、面接など、様々な事をこなさなければなりません。

そのうえ、ニート期間が長ければ長いほど、書類選考の段階で落とされたり、圧迫面接をされたりと、内定獲得までにいばらの道を歩む事となります。

ただ、ギークジョブの場合、上記の”めんどくさい”工程を大幅に省く事が出来るだけでなく、ニートという経歴に左右されない就活をする事が出来ます。

そのうえ、この先一生使えるプログラミング技術を習得する事が可能なので、単純に求人を紹介してもらう就職支援よりも、メリットは多いです。

そのため、ニートからプログラマへの就職を検討しているのであれば、受講してみる価値はあると言えます。

下記公式サイトにて、無料カウンセリングについて確認出来ます。

無料カウンセリングにて、適職診断とプログラミングを実際に体験する事が可能です。

ですので、実際にプログラミングに触れてみて、自分に向いているかいないかを見極めたうえで、受講するかを決めるのが良いかと思います。

◆GEEK JOBの公式サイト↓

GEEK JOB

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-GEEK JOB=ニート→就職に有利と言える3つの理由
-, , , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.