未経験からプログラマーに就職はきつい?⇒○○の利用で就職は容易!

未経験からプログラマーに就職はきつい?⇒○○の利用で就職は容易!

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

求人サイトやハローワーク等で、就職先を探している第二新卒あるいは既卒フリーターの方の中には、未経験者歓迎のシステムエンジニア、プログラマーの求人募集を何度か見かけたことがあるかと思います。そして、未経験者歓迎ということで、「自分でも出来るのでは?」と興味を持っている方もいるのではないでしょうか。

しかしながら、実際の所は、いくら未経験者歓迎と謳っている企業だったとしても、未経験からプログラマーに就職するのはきついと言えます。

確かに、プログラマーを志望する方の数が少ないという事もあり、未経験者歓迎の求人募集が多数就活市場に出回っていますが、「就職後も自分で率先してプログラミングのスキルを勉強出来る方」でないと、就職後に相当苦労するかと思います。結果的に、未経験者歓迎に騙されて就職⇒業務に追い付かずに早期退職を強いられる可能性が高いのです。

スポンサードサーチ

■未経験⇒プログラマーに就職がきつい理由

覚える事がとにかく多い

未経験からプログラマーに就職をした場合、その会社の基本業務・仕事の流れ・顧客リスト・取り扱っているシステム・開発するシステムの知識といった事を覚える事に加えて、開発で使用するプログラミング言語も覚えなければなりません。そのため、短期間で、多くの事を覚えなければならず、就職してすぐに「きつい」と感じる可能性が極めて高いのです。

★未経験⇒プログラマーに就職した方が、研修期間(※3ヵ月)で覚える事

・その会社の基本業務

・仕事の流れ

・顧客リスト

・取り扱っているシステム

・開発するシステムの知識

・プログラマとしての思考法

・プログラミング言語

ましてや、先輩上司の方がが黙々と仕事をしている中で、プログラミングに関する質問を尋ねるのは難しく、何時間も考えているのに、一歩も進まないという事態になりかねません。そのため、未経験からプログラマーへの就職はきついのです。

労働環境が悪い可能性がある

“未経験者歓迎”という文言を掲げて求人を掲載している企業の状況というのは、正直言ってあまり良いとは言えない状況の企業が多いのが実情です。

というのも、『未経験者歓迎=経験者からの応募は一切来ない/経験者からしてみれば、魅力が一切ない企業』であるために、仕方なく未経験者に手を伸ばしているという可能性が考えられるためです。その結果、未経験者歓迎という言葉に誘われて入社⇒未経験者に手を伸ばしているだけあり、仕事量と社員数が伴っておらず、毎日激務に追われているという事になりかねないのです。

激務な職場に就職をしたとなれば、当然ながら、「毎日きつい」と感じますし、「こんな職場に入るべきではなかった」と後悔するはずです。ただ、入社してから後悔したとしても、時すでに遅しです。そして、早期の退職歴が付いた状態での再就活を余儀なくされる事になります。

スポンサードサーチ

■未経験⇒プログラマへの就職に最適な就活方法

無料のプログラミングスクールの利用

◇覚える事がとにかく多い

◇労働環境が悪い可能性がある

上記の理由から、未経験からプログラマーに就職をした場合、高確率できついと感じてしまうのです。

そのため、これからプログラマへの就職を目指すのであれば、就業前に、プログラミングスキルを学ぶ事が出来る「プログラミングスクール」を利用するのが得策です。

プログラミングスクールにて、事前に必要なスキルを学ぶ事によって、入社後の負担が大幅に軽減出来るとともに、すぐにその企業の開発業務に携わる事が出来るため、全く知識・スキルのない状態から入社をするよりも、確実に”楽に”仕事を進める事が出来るはずです。

ましてや、「自分でもプログラミングが出来るのか」、「プログラマという仕事が向いているのか」という点を、就業前に把握する事が出来るため、経歴を汚さずに、プログラミング体験が出来るというのも、良い点だと言えます。

初心者に優しいスクール

そして、無料スクールの中でも、GEEK JOB(ギークジョブ)であれば、就業後に活用できるプログラミングの技術が無料で習得できるとともに、労働環境に問題のない企業に絞って、企業紹介をして貰う事が出来るため、これからプログラマへの就職を検討している方であれば、一石二鳥なスクールとなっています。


また、Youtubeや軽い調べ物をする時にしか、PCを使わないというような方であっても、12ヶ月で、サイトの作成や、アプリの開発が出来るくらいに成長可能なので(※割合的には、10人中7人がPC初心者&プログラミング未経験者)、他のスクールよりも、PC初心者・プログラミングに触れるのが初めてという方が多いスクールと言えます。

私自身、ギークジョブを利用した時は、プログラミングに触れた事も無ければ、パソコンで何かをするという事も全くしていないという状態でした。そのため、カリキュラム受講当初は、コードを書くのに躓いた事もありましたが、講師の方がしっかりとサポートしてくれたので、見る見るうちに出来る事が増えていきました。

何より、全くコードを書けない所から始まって、どんどん自分自身の出来る事が増えていくので、(HP作成やアプリの開発及び動作検証等)目に見えて上達しているのが分かるのが嬉しかったですし、モチベーションの維持に繋がりました。結果的に、都内のシステム会社に新たに就職することが出来て、すんなり業務に入ることが出来ました。

恐らく、未経験であったら、(数週間の研修は受けると思いますが…)もっとあたふたして、先輩方に迷惑をかけていたと思うので、ギークジョブでスキルを習得しておいて、良かったと心から思いました。※ギークジョブの紹介企業=”健全”な労働環境・待遇である理由はこちらに書いています↓

【感想】GEEK JOB=ブラック企業が回避可能な4つの訳【ギークジョブ】

まとめ

前述したように、未経験者歓迎という求人が多いのが、プログラマーという仕事なので、「未経験でもいけるのでは?」と勘違いしてしまうのも仕方ありません。ですが、未経験の状態でプログラマに飛び込むのは、ゲームで例えた場合、攻略サイトの地図なしに、暗闇の洞窟エリアを歩くのと同義です。要するに、無駄に苦労する事になり、匙を投げるだけという事になるという事です。

そのため、未経験歓迎の求人広告に飛び込むのではなく、実践的なスキルを磨いた上で、プログラマーになるのが得策なのです。そして、ギークジョブのようなスクールを利用する事で、無料で必要なスキルを習得出来るため、個人で就活を進めるまえに、まずは相談をする価値はあると言えます。下記公式サイトにて、無料説明会&1日体験会への申し込みが可能です。

実際にプログラミングを体験&説明を受けたうえで、就活に利用するかを判断してみると良いかと思います。

GEEK JOB(ギークジョブ)の公式サイト↓
GEEK JOB

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-未経験からプログラマーに就職はきつい?⇒○○の利用で就職は容易!
-, , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.