既卒”でも”ベンチャー企業には絶対に行くな!未経験からの就職=きつい理由!【IT業界の就活】

既卒”でも”ベンチャー企業には絶対に行くな!未経験からの就職=きつい理由!【IT業界の就活】

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

未経験からIT業界への就職を考えている方の中には、いわゆる”ベンチャー企業”で仕事がしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

確かに、ベンチャー企業=数年後、大手企業の社員以上に稼いでいる可能性はあります。

自由度の高い社風の所も多いので、息苦しいThe・正社員のような働き方をしなくて済む事もあり得ます。

このように、ベンチャー企業には、自由とお金のイメージがあり、それをかっこいいと感じてしまう気持ちも分かります。

ただ、実際のところは、未経験からITベンチャーに就職をするのは、相当なリスクを孕んでいます。

新卒の場合、”新卒はベンチャー企業には絶対に行くな!”と巷で囁かれていますし、実際にGoogleの検索ワードにもそう表示されます。

しかしながら、それは既卒においても同じなのです。

今記事では、

◆未経験からITベンチャー=きつい理由

 

上記について書いていきます。

第二新卒枠でITベンチャーを狙っている、既卒フリーターからIT業界に飛び込もうと考えているという方は、是非とも参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

未経験からITベンチャー=きつい理由

働き方についていけない

確かに、ベンチャー企業は、結果を出せば出すほど賞与が弾みます。

そのため、開発したアプリ・サイトを”一発当てれば”、20代にも関わらず、大手企業の役員クラスの月収を得る事も可能です。

ただ、その反面、きつい労働環境の職場が多いのです。

というのも、ベンチャー企業は、”成功”に飢えています。

ですので、無理難題と思える仕事すらも「ウチでやれます!」と引き受けてしまう事が多々あるのです。

”「できる」と言い切ってから辻褄を合わせろ”と、当時のITベンチャーの代表格であったlivedoorのホリエモンが言っていたように、「まずは出来ると言う」のがベンチャーの働き方です。

そして、そのしわ寄せを食らうのが社員です。

当然、無理な納期に間に合わせるためには、2徹3徹、休日出勤も命令されます。

案件を消化して、会社の名前を広めるのが最優先ですので、社員の働き方なんて二の次です。

とにかく、納期までに開発・リリース、大きな仕事をやり遂げる事だけを考えているのです。

そのうえ、ベンチャー企業=発展途上の企業であり、会社にそこまでの資金力はありません。

残業代を正規の料金払っていたら、会社が傾くほどの規模が大半です。

そのため、「徹夜しようともサービス残業なので残業代がない」という事も大いにあり得ます。

このように、きつい労働環境でありながら、”一発”当たるまで低賃金でこき使われるのがITベンチャーの実情なのです。

社員の頑張り、やりがいを悪用して、労働に見合う給与・休暇を与えない”やりがい搾取”というフレーズがありますが、まさにITベンチャー企業は、やりがい搾取が横行しています。

覚えると仕事の同時進行

また、未経験からの就職となると、業務内容のみならず、プログラミングを1から覚えなければなりません。

しかしながら、ベンチャー企業の場合、大手企業のような研修プログラムが用意されていない可能性が高いです。

「仕事量と社員数が見合っていない」、「どの社員も研修に付き合うほど暇じゃない」のがその理由です。

つまり、自分の仕事をしながら、プログラミングも1から覚えなければならないのです。

ただ、それは言うは易く行うは難しです。

というのも、どういう開発言語があり、それぞれどういう開発に向いているのか、自社で使っている開発言語はなにか、コードの書き方、自社アプリに用いられているコードはなにか、バグの検証方法など、山ほど覚える事があるためです。

結果として、残業時間に勉強をしたり、休みを削ってプログラミング学習といった事になりかねないのです。

ただの零細企業である可能性も!※実体験

私自身、五反田にあるIT企業で仕事をしていた身です。

ただ、実情は、ベンチャー企業とは名ばかりの、単なる零細企業でした。

◆月の残業時間100h超えは当たり前

◆サービス残業なので残業代0円

◆隔週二日休日出勤が発生

※完全週休二日制と書かれていたにも関わらず

◆ 手取り17万円+ボーナスなし

 

上記のような労働環境でした。

まさにやりがい搾取と言える環境でした。

このように、現状維持がやっとな零細企業が、ベンチャー企業という”かっこいい”フレーズを用いて、20代を騙している事もあるのです。

例えば、「会社設立が10年以上にも関わらず、社員数が10名前後のIT企業」、「ホームページが明らかに人世代前のデザインの企業」などは、いくら企業HPに「ベンチャー魂!!」と書かれていたとしても、単なる零細企業である可能性が高いです。



スポンサードサーチ

■まとめ

上述の通り、未経験からITベンチャーへの就職は、就職した後に「想像以上にきつい…」と感じるはずです。

労働環境の悪い企業がある事に加えて、大手企業の働き方とは、全く違った働き方をするのが、ベンチャー企業です。

業務の進捗具合や、仕事のスケジューリングを全て上司がハンドリングする大手企業に対して、ベンチャー企業は、各々で仕事のスケジューリング、プランを考えて行動する事が必要とされます。

そのため、指示待ち人間の場合、全く向いていません。

・自分で主体的に物事を進められる方

・自分の考えで、仕事を進めたい方

 

上記の方であれば、ベンチャー企業に向いているとは思います。

ただ、それ以外の場合、”ベンチャー企業には絶対に行くな”という言葉を信じるのが吉です。

それでも、ITベンチャーで仕事がしたい…!という場合は、まずはプログラミングの技術を身に付けてからの方が絶対に良いです。

そうする事で、すぐに業務をこなす事が出来るので、仕事をしながらプログラミングを覚えるという事態を回避出来ます。

例えば、無料プログラミングスクールの場合、必要な技術力を学ぶ事が出来るだけではなく、就職支援も受けられるので、これからプログラマを目指す方であれば、うってつけな選択肢だと思います。

そして、就職サポートの一環として紹介される求人=ブラック企業を排除しています。

担当者が社内を訪問→労基法に違反するような働き方をしていないかを確認したうえで、求人を紹介してくれるので、たとえITベンチャーの求人であっても、きつい職場を回避する事が可能です。

未経験からIT業界への就職を検討しているのであれば、利用してみる価値はあるはずです。

【20代なら絶対スクール!】職業訓練校よりもプログラミングスクールの方が就職に有利な理由【比較】

【20代なら絶対スクール!】職業訓練校よりもプログラミングスクールの方が就職に有利な理由【比較】

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-既卒”でも”ベンチャー企業には絶対に行くな!未経験からの就職=きつい理由!【IT業界の就活】
-, , , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.