【未経験でも回避余裕】みなし残業の職場を回避するには〇〇がベスト!【これからプログラマになる人向け】

【未経験でも回避余裕】みなし残業の職場を回避するには〇〇がベスト!【これからプログラマになる人向け】

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

未経験からプログラマーへの就職を考えている方の中には、是が非でも裁量労働制(みなし残業)の企業は避けたいはずです。

そして、「裁量労働制(みなし残業)の企業を避けての就活方法」を実践したいと考えているのではないでしょうか。

”そんな方法あるの…”と思うかも知れません。それもそのはず、未経験からの就活となると、ろくな企業は残されていません。

何らかの”デメリット”を孕んでいる可能性が大です。

ましてや、IT業界=裁量労働制(みなし残業)の企業は多いです。例えば、SES(客先常駐型のプログラマー)となってしまえば、長時間残業&安月給は必須です。

ただ、そんな未経験からの就活であっても、みなし残業制の企業を回避する方法はあります。

それが、無料プログラミングスクールを経由した就活です。

今記事では、

裁量労働制(みなし残業)を避けたいなら無料プログラミングスクールがベストな理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

無料プログラミングスクールがベストな理由

募集出来る求人が増える

また、プログラミングスクールを卒業する事で、何かしらの開発言語を使える状態で就活が出来ます。

これによって、募集出来る求人が大幅に増えます。

今の状態だと、”未経験者OK”という求人に絞って、就活を進めなくてはなりません。

ただ、未経験者OKという企業=労働環境が悪い可能性が高いのです。

未経験者にまで目を向けなれば、募集が来ない企業、ひっきりなしに離職者が出て、”捨て駒”を常に探している企業などは、こぞって”未経験者OK”という文言を使うからです。

そのため、入社後に長時間のサービス残業に苦しめられる事になりかねません。

ただ、何かしらの開発言語が使える状態での就活となれば、「開発言語の〇〇を使える人優先採用します」、「自社は〇〇を用いて開発をしています」といった企業の求人にもアプローチをかける事が出来るようになります。

C+を習得したのであれば、C、C+で開発をしている企業、rubyを習得したのであれば、rubyで開発をしている企業といったように、狙える企業が一気に増えるのです。

ですので、今の状態で就活をするよりも、プログラミングスクールを経由した方が、就職が成功しやすいのです。

ブラック企業を排除した求人紹介を徹底

ご存知の方もいると思いますが、無料プログラミングスクール=就職支援がセットとなっています。

これは、人を紹介する毎に企業から支払われる手数料によって、スクールが運営されているためです。

そのために、受講生は無料でプログラミングを学べるのです。

そして、この仕組みこそ、みなし残業の企業を避ける大きな要因なのです。

というのも、企業から支払われる手数料には、条件があります。

「紹介された人が、一定期間就業した場合にのみ手数料が発生する」という条件が含まれているのです。

※一般的には就業期間が1年に達した際に支払われます。

つまり、受講生にただ適当に職場を紹介していては、プログラミングスクール側は一向に手数料を受け取れないのです。

毎日3時間以上もサービス残業をするような企業を紹介しても、1年持つはずがありません。

休日出勤が定期的に発生する企業を紹介しても、長続きする訳がありません。その事をプログラミングスクール側は理解しています。

そのために、働きやすい職場のみを紹介してくれるのです。

具体的には、過去のスクール卒業生が、長く働いている職場、担当者が社内訪問をして、労働環境に問題がない企業です。

希望条件第一の就活が可能

また、プログラミングスクールの求人紹介は、あなたの伝えた希望条件に沿って、求人を厳選してくれます。

つまり、「みなし残業はちょっと…」と伝えれば、みなし残業制ではない企業のみを紹介してくれます。

その他にも、”土日休みが良い”というのであれば、土日休みの企業、”残業時間が少なめの企業が良い”というのであれば、月の残業時間が45h未満の企業など、納得のいく条件の職場を見つけるのに役立ちます。

スポンサードサーチ

■まとめ

裁量労働制(みなし残業)の企業に就職をしてしまうと、長時間のサービス残業は避けられません。

休日出勤も発生します。そのくせ、給料は低いです。要するに、デメリットしかありません。

実際に、私の学生時代の友人も、フリーターから未経験でIT企業に就職をしましたが、”毎日23時過ぎまでサービス残業、手取り17万3,000円”という環境下で仕事をさせられていました。

みなし残業制の企業に入社をしてしまうと、このようなデメリット尽くしな働き方をしなくてはならなくなるのです。

それは絶対に避けたいはずです。

そのため、未経験からプログラマーへの就職を考えているのであれば、みなし残業制の企業には、間違っても就職してはいけません。それがたとえ、簡単に入社出来てもです。

そして、上でも書いたように、無料のプログラミングスクールを利用すれば、そうした”悪徳IT企業”を除外しての就活は容易です。

確かに、カリキュラムを受講しなくてはいけないので、就職までに数ヶ月かかるというデメリットはあります。ただ、就職先の質に関しては、確実に今の状態で就活をするよりも良いです。

中でも、「GEEK JOB」は、プログラミング未経験者600名以上を就職成功に導いており、過去の就職先には、有名企業も多数あります。

紹介される企業に関しても、過去のギークジョブ卒業生が就職した企業がメインとなるので、先輩社員から社内の実情を聞いたうえで、就職先を決める事が可能です。そのため、より一層みなし残業制の企業への入社を回避しやすいかと思います。

◆ギークジョブの詳細についてはこちら↓

ギークジョブの公式サイトはこちら

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-【未経験でも回避余裕】みなし残業の職場を回避するには〇〇がベスト!【これからプログラマになる人向け】
-, , , , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.