ギークジョブ=空白期間が長い(※1~2年以上)方でも容易に就職可能な訳

ギークジョブ=空白期間が長い(※1~2年以上)方でも容易に就職可能な訳

更新日:

The following two tabs change content below.

木田 隆

25歳フリーター時に全くの未経験からGEEK JOBに参加⇒プログラミング技術(Java)を習得。 技術習得後、予約管理システムを請け負う企業へ就職⇒いま現在は、在宅勤務をしております。

1~2年の”長い”空白期間があるという方の場合、「今の状態で就活をしても負け続けるのでは?という思いから、手に職を付けた後に就活を始めようか検討している方もいるかと思います。

そして、数ある資格・技術の中でも、短期間で習得が出来る+需要の高い技術である「プログラミング」を学びたいと考え、無料プログラミングスクールのGEEK JOB(ギークジョブ)の利用を考えている方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、技術の習得~内定獲得までが1セットとなっているため、とんとん拍子で内定が獲得できるためです。しかしながら、「長い空白期間があっても内定は取れるの?」、「未経験者・フリーターを対象としているスクール=就職先が微妙なのでは?」といったように、長い空白期間というウィークポイントを抱えていたとしても、利用する価値があるのか疑問に感じている方もいるはずです。

ただ、実際にフリーターの時にギークジョブを利用して就職をしましたが、1~2年の長い空白期間があったとしても、就職成功を手にする事は容易だと言えます。

スポンサードサーチ

■空白期間が不利にならない3つの理由

スクールの卒業=即戦力と評価してくれる

ギークジョブの全過程を修了する事で、1人の力でサイト・アプリを作る事が出来る・ネットワークの構築が出来る能力を身につける事が出来ます。というのも、カリキュラムの最終課題として、自分で構想・仕様を決めた成果物を提出しなくてはいけないため、スクールを修了するためには、1人でモノを作り上げる力が必要になるのです。

※ギークジョブの学習内容&流れはこちらにまとめています↓

【体験談】ギークジョブの学習内容&スクールの雰囲気まとめ!

 

そして、その成果物を、面接時にアピールポイントとして見せる事も可能となっているので、企業側も、業界での就業経験はないものの、「プログラマとして働ける能力を持った人材」、「すぐに仕事を任せられる」といった評価の元、面接をしてくれます。

また、IT業界=実職主義な風潮が、他の業種よりも色濃いため、これまでの経歴<能力で人を採用する傾向にあり、スクールでの成果物を見せる事で、「この人は即戦力だ」と企業側に思わせる事が出来るのです。結果的に、空白期間が不利になる事無く、内定が獲得出来るという訳です。

想定される質問を徹底的に対策してくれる

就職支援のサポートの中には、企業を紹介してくれるだけでなく、面接対策もして貰えます。

そして、「空白期間が長い理由」、「なぜ前職とは違う業種を志望したのか」といったように、面接で想定される質問への、回答例をレクチャーしてくれるとともに、不安点が解消されるまで、担当アドバイザーの方が、面接対策に付き合ってくれるため、用意周到な状態で面接を受ける事が可能なのです。

そのため、1人で面接を受ける時よりも、面接がやりやすいと感じるはずです。

私自身、「新卒の時に就職しなかった理由の説明方法」、「プログラマを目指した理由の説明方法」、「自己PRの説明方法」といったように、想定される質問に対しての回答例をレクチャーして貰えたおかげで、6社中4社の内定を獲得する事が出来ましたし、担当のアドバイザーの方を何度も面接ロープレに付き合わせてしまいましたが、一度も嫌な顔をせずに、直すべき部分をアドバイスしてくれたので、面接への苦手意識が日を追うごとに減っていきました。

25歳既卒フリーター+大学1年留年という経歴で、面接を受けた半数以上の企業から内定を獲得出来たので、長い空白期間をものともせずに、就職まで走り切れるはずです。

そもそも需要が高い

空白期間が長くなればなるほど、「こんな経歴じゃもう就職は無理だ」と悲観的になってしまいますが、20代のうちに、就職の道が閉ざされる事はまずありえません。また、プログラマ・エンジニア職という業種に加えて、20代という年齢の場合、そもそも企業側からの需要度が高いです。

そして、ギークジョブの場合、紹介人材=フリーター・第二新卒者といった経歴に難ありな人材が、面接を受けるという事を企業側も理解したうえで、求人を出しているため、人材としての需要度は非常に高いものとなっています。そのため、自分が思っている以上に、空白期間がマイナスにならないかと思います。

スポンサードサーチ

■まとめ

◇スクールの卒業=即戦力と評価してくれる

◇想定される質問を徹底的に対策してくれる

◇そもそも需要が高い

上記の事から、たとえ1~2年といった長い空白期間が、職歴にあろうが、とんとん拍子で就職まで走り抜ける事が可能だと言えます。※私は、1ヵ月足らずで、技術の習得⇒就職が出来ました。

他の就職支援を利用する事でも、確かに就職をするのは容易だとは思います。ただ、ギークジョブの場合、これから一生使える技術を身につけたうえで、1~2ヵ月ほどで就職が出来る事に加えて、全ての紹介企業に対して、社内視察を敢行⇒労働環境に問題がない事を確認したうえで、企業を紹介しているので、働きやすい職場に就職もしやすいです。

そのため、プログラマへの就職を検討している方、空白期間が長いので就活が億劫だという方であれば、相談をしてみる価値は大いにあると言えます。

プログラミングに触れた事がないという方の場合、「本当にそんなすぐに習得できるの?」と不安に感じるかと思いますが、いざやってみると、想像していたよりもはるかに簡単です。私自身、ギークジョブを受講する前は、一切プログラミングに触れた事はありませんでした。

ですので、まずは無料説明会&1日体験会に参加をしてみて、実際にプログラミングを体験して、自分にもできるのかどうかを確認する&就職先にどういった企業があるのかを相談してみるのが吉です。

※無料説明会&1日体験に参加したからといって、しつこい勧誘はされませんし、途中で帰宅する事も可能なので、実際どうなの?という気持ちがあるのであれば、気軽に参加をしてみるのが良いかと思います。

★残り3名で募集締め切り!★GEEK JOB(ギークジョブ)の無料説明会&無料体験の申し込みに関して↓
GEEK JOB

GEEK JOB記事下




GEEK JOB記事下




-ギークジョブ=空白期間が長い(※1~2年以上)方でも容易に就職可能な訳
-, , , ,

Copyright© プログラミングスクール情報ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.